法務

マネジメント・ロジックでは、数社の大手外資系企業を顧問に持つ複数名の弁護士とパートナーシップを組み、企業活動のどのステージからでも下記のような包括的なサポートが可能です。

活動フェースとサポート内容
活動フェーズサポート内容
設立期
  • 事業戦略を反映した契約書作成
  • ビジネスモデル特許及び知的所有権戦略の立案
体制整備期
  • 社内チェック体制確立の支援
  • ワラント、ストックオプション制度等の確立指導、支援
VC出資期
  • 各種コンプライアンスプログラム確立の支援、実施のための指導
  • 法務部門充実の支援
  • 効果的アウトソースの指導
公開準備期
  • 企業統治観確立のための指導
公開期
  • リスクマネジメント体制確立の指導、支援
  • 株主、マスコミ等対応の指導、支援
公開以後 

会社設立から株式公開までの法務手続

株式公開に際して行われる公開審査では、「対象会社の内部管理体制」が適法かつ適正に整備されているかどうかが重要なポイントになります。それらは主として財務と法務に区分されますが、特に法務の面では、法律に則った会社内部の各種規程や承認制度の策定、会社機関(株主総会や取締役会)の運営、資本政策に基づいた増資手続や株式管理等が、適法に履践されているかどうかが審査されます。マネジメント・ロジックでは、会社の設立段階から株式公開までの間の法務手続きについて、上記視点からサポートします。

個人情報の取り扱いについて