コンセプト & ビジョン

企業活動を支える自律型プロフェッショナル集団

「今から10年以内に現在のホワイトカラーの仕事は全く形を変えている」
「それらのほとんどはプロフェッショナルサービスを提供するものによって 取ってかわられるであろう」

トム・ピータースのこの言葉よりももっと早く、企業を取り巻く環境は、急激に変わっていくかもしれません。
企業間の生き残りを賭けた吸収・統合、ベンチャービジネスの台頭やグローバライゼーションの加速など。企業経営にとってそれらが意味するものは、人的慣性の法則から、資本の論理へのパラダイムシフトです。

いままでの日本企業の内部環境は、まさに偉大なる素人集団。このままでは知的武装していない日本の企業は今後の国際競争力についていけない事は明白です。

私たち、マネジメント・ロジックは、資本の論理を支える専門性に精通した弁護士、会計士、人事の専門家、またパラダイムシフトを加速させているベンチャービジネスや、外資系の経験者など、すでに自立したプロフェッショナルの集まりです。

メンバーは皆、上記のような危機感を仕事を通じて多く感じていました。そしてチームアップする事でそれに応えるため術を見出し、そしてそれを仕組みとして実現させるためにこの会社を作りました。

私たちは大企業からベンチャー・外資系などの企業経営を知り、それらの企業に対し、経験に基づいた専門性を有機的・複合的に結びつけ、サポートいたします。

  • ビジネススタートするにあたり資本施策は組んでいたが、上場間際になって契約書等の法的な書類の未整備により延期を余儀なくされた。
  • ビジネスの急激な拡大に人事施策の対応が遅れ、社員のモチベーションが低下し人材流出を引き起こした。
  • 制作会社やPRエージェンシーなど、マーケティングプランを実行するパートナーをアウトソースしたいが誰に相談するとどのくらいの品質でいくら掛かるかわからない。

私たちのクライアントの多くは上記のような相談を持ちかけます。

たとえば法務や財務を念頭にサポートできる人事や広報。しかし私たちのメリットはこれだけではありません。スタートアップのベンチャーや外資系企業では、私たちメンバー全員でいつ、どんな業務が必要になるか、そのために今、何を優先して行なえばよいか(イシュー・アイデンティファイ)を見極めます。個別に専門家に相談するときの横のつながりの無い不安感を払拭し、クライアントのビジネスをスピードアップさせます。

コンサルタント集団でもアウトソーサーでもない、深い専門知識を有し、ロジカルな経営サポートを行なう。それがマネジメント・ロジックと言う社名の由来です。

  • 経験に裏打ちされた「実践的サービス」
  • 専門性に裏打ちされた「高度なサービス」
  • 中立的な立場による「ワンストップサービス」

これにより、クライアントの企業価値を高めるとともに、投資家の投資価値を高めるのが、我々マネジメント・ロジックのビジョンです。

個人情報の取り扱いについて